「スマホ・タブレット」の記事一覧

LINEを使い始めている

LINEの登録は1年ちょっと前にすませたものの、ずっと使っていなかった。最近になってようやく使い始めている。

過去にもいくつかチャットツールは使ったことがあるけど、いまいちで長続きしなかった。携帯電話がガラケーばかりのころは、パソコンの前にいるときはチャットツールで、外出時は携帯メールという使い分けがなじまなかったというのもあると思う。LINEがここまで浸透したのは、スマホが広まっている環境があったからというのが大きいんだろうね。

俺の携帯はYモバイルで、最近契約変更して504SHというガラホになっている。外出時はガラホで、家にいるときは主にパソコンでLINEを使っている。ガラホとパソコンではLINEの全機能が使えないところがちょっと不便だけど。

LINEで困るところは、友人登録された相手の電話番号を確認できないところ。俺が使い方を知らないだけなのかな?

本名で登録されていればすぐわかるからいいんだけど、ニックネームにされていると「こいつ誰?」状態となる。相手に「このアカウント、お前だよね?」と確認してからメッセージを送ることになる。

ある日、「知り合いかも?」にギャル風のアイコンで、かわいらしいニックネームのアカウントが表示された。ギャルの知り合いなんか、もちろんいない。ニックネームから考えて妹だろうと推測して確認してみたところ、そうだという返事だった。おいおい、おばさんなんだからもっとわかりやすいアイコンにしてくれよ!まあ俺も、かわいいカエルの置物の写真をアイコンにしているんだけどね・・・。

「知り合いかも?」に表示されたアカウントは電話番号もわかるようにしてもらいたい。

iPadで手書きアプリを使う

マンションの理事会に参加していると、とにかく紙の資料が増えてします。
資料に手書きで書いたものが整理しきれずにたまっているが、何か確認したいときも出てくるので簡単に捨てることができない。

輪番制の理事は2年で、あと1年残っている。
このまま紙が増えていくのも困るので、資料をPDFにしてiPad2に取り込むことにした。

Noteshelfというアプリは、取り込んだPDFに手書きで書き込みができるので購入してみた。

Noteshelf – 手書きでノートを取り、PDFに注釈を付けよう – Ramki

本棚の中に入れた書類を重ねると、複数書類が入るフォルダのようになるのだが、それにもタイトルを付けることができるので、資料をためるにはいい感じ。

前回の理事会のときに早速手書きを試してみたのだが、やっぱり紙に書いたほうがやりやすい。紙に手書きしたものをスキャナーで取り込んでPDFにしてからiPadに取り込むほうが、もしかしたらいいかも。


まあ手書きをiPadでするかどうかは別として、管理規約等の資料をiPadに取り込むというのは楽になりそうだ。
PDFビューアーとしてはi文庫HDのほうが優秀だと思うけど、i文庫HDは複数書類をまとめたものにタイトルを付けることができないので、書類が増えると訳がわからなくなりそうなんだよな。

i文庫HD – NagisaWorks, K.K.


しばらく試行錯誤して、自分が使いやすい方法を見つけたいと思う。

このページの先頭へ