2008年に脱サラしました。人生、谷あり谷あり・・・。そろそろ山に登りたいと思ふ。

脱サラした男の地味な日記

映画・ドラマ

動画配信サービスのdビデオからHuluへ乗り換えた

投稿日:

約4カ月ほど利用していたdビデオという動画配信サービスを解約した。

dビデオは月額500円(税抜)で映画やドラマ、アニメが見られるサービスでコストパフォーマンスは抜群だった。



dビデオは作品のラインナップも多いし、値段も安いので満足していた。が、42型のテレビとパソコンをHDMIケーブルで接続して視聴すると画質が悪いのが不満だった。HD画質で見れる作品もあったけど、安定して見ることができないんだよね。きれいになったり、ブロックノイズだらけの画面になったりと、しょっちゅう切り替わってしまうので目が疲れてしまう。俺の家の回線速度は50~60Mbpsぐらい出ているが、それでも42型の画面で見るのは難しかった。dビデオを視聴中のCPUの負荷を調べても大したことないし、メモリも余裕がある。dビデオのサーバーが重いのかな?

iPad2で見る分には十分な画質だったけど、やっぱり大きい画面で見たかった。この1カ月ほど色々と試したけど、どうしても42型のテレビだと安定して見ることができなかったので、同じ動画配信サービスのHuluを試してみることにした。無料のお試し登録をしてHuluの動画をパソコンから42型のテレビに出力してみたところ、驚くほど安定してきれいな画質で見ることができた。

Huluは月額933円(税抜)でdビデオよりは少し高いが、大画面での視聴をするんだったらHuluにしたほうが幸せになれると思う。

Huluのウリは海外ドラマに強いということ。dビデオも海外ドラマの作品は多いが、Huluだと『刑事コロンボ』、『ナイトライダー』、『特攻野郎Aチーム』、『超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ』などの懐かしいドラマも多い。

Huluは英語字幕を表示できる作品があるのもいいと思う。俺の英語力では海外ドラマは難しいので、今は『セサミストリート』を英語字幕で見てヒアリングの練習をしている。

地味にうれしいのが、dビデオで見れなかった小津安二郎やブルース・リーの映画もHuluでは見れるところ。

もっと早くHuluに乗り換えれば良かったかも。

-映画・ドラマ

Copyright© 脱サラした男の地味な日記 , 2018 All Rights Reserved.